【神戸】おすすめの結婚式場を比較口コミランキングでご紹介!理想のウエディングをお探しの方に評判の会場!

神戸の結婚式場のブライダルフェアに参加する際の注意点とは?

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/03/13

結婚式場選びで悩んでいる人に、おすすめなのが神戸近郊の式場が行うブライダルフェアへの参加です。

そこでは、披露宴会場や挙式スペースなどを見学しながら、実際の結婚式や披露宴の流れを体験することができます。

デート感覚で楽しみながら参加できますし、より現実的なプランを考えるきっかけにもなると思います。

二人でチェックポイントをよく確認してから参加するとよいでしょう。

 

ブライダルフェアで事前に注意しておくべきこととは?

神戸の結婚式場では、結婚式を希望するカップルに向けて、施設見学や模擬結婚式等のフェアを行っているところが多いです。

これらの参加型イベントは、自分たちの結婚式のイメージと式場内の雰囲気が合致しているか、料理やドレスの満足度はどの程度か等を、実際に確かめることができる絶好の機会です。

所要時間は2、3時間ということが多く、当日の内容は式場によって様々です。

事前に注意する点としては、フェア参加に料金がかかる場合があるので確認すること、式場紹介サイトをよくチェックしておくことなどがあげられます。

フェアに料金がかかる場合は、試食会でフルコースなどを提供するケースなどが考えられます。

お金はかかりますが、全額負担ではなく、多くが半額以下の負担だと思います。

招待客に提供する料理をしっかり確認できるという大きな利点があるといえます。

その際は、料理プランの内容やドリンク種類などもチェックしておくと良いでしょう。

式場紹介サイトではサイトを経由することでもらえる様々な特典がある場合も多いです。

キャンペーン特典や来館特典、中には商品券等のプレゼントなどもあるので、利用しないと損をすることもあると思います。

また、希望の式場が絞り切れていない時にも、紹介サイトの相談カウンターなどを利用すれば、経験あるスタッフのアドバイスを受けることができます。

事前に気軽に相談してから、フェアへの参加を決めても良いでしょう。

できれば1日に2、3件のフェアを周れるように計画するのもおすすめです。

効率よく周れば時間短縮にもなりますし、何より、すぐに長所と短所を比較しながら、二人で検討することができます。

また事前に、結婚式の予算や、招待客の人数を把握しておくことも大切なことです。

とにかく避けて通れないのが金銭的な問題なので、イメージだけで考えることなく、具体的な数字で考えることが基本になるでしょう。

2人の貯金額や親からの援助なども考慮して、今後のためにどの程度の予算が妥当であるのかを共通認識として確認しておくことが重要になると思います。

招待客については、直接披露宴会場のキャパに関わってくるので、どのくらいの人数を招くのかを話し合いで決めておきましょう。

わからない場合は、とりあえず多めに設定しておくと良いでしょう。

時期についても、より具体的に決めておけばフェアでの相談等もスムーズになります。

 

服装や持ち物はどうしたらいいのか

参加当日の持ち物や身なりなどに迷ってしまう方もいるかもしれません。

まずは大きめのバッグを準備しましょう。

大きめパンフレットや見積もり等の持ち帰りに便利です。

さらにカメラを持って行って会場やチャペルを撮っておくと、後から比較できて良いと思います。

ついでに二人で記念写真を撮るのもおすすめです。

スマホで撮影しても良いでしょう。

もちろん、筆記用具も忘れずに持っていきます。

服装は、それほどきちんとしなくても普段のデートの時の服装でかまいません。

式場内を思った以上に歩くことになるので、できるだけ動きやすい服や靴が良いかもしれません。

しかし、あまりにカジュアルすぎる服装や露出が多いものは避けた方が無難です。

また、試食会があるのであれば、淡い色の服は避けた方が安心でしょう。

さらに外に出て、ガーデンチャペルなどを見学することを考えると、羽織れるもの、体温調節ができるものがベストかもしれません。

当日にドレスを試着するのでしたら、脱ぎ着がしやすいもので行きましょう。

ウェディングドレスの場合は背中や肩の露出があるものが多いので、ストラップのないブラが邪魔にならずおすすめです。

ドレスにしても和服にしても、自分だけでは着られないものなので、着付けの方に見られることを前提に下着を選んでおきたいものです。

また、聞いておきたいことを事前にまとめてメモしておくことも大切だと思います。

会場内で相談会を行っている場合もあるので、不明な点は何でも聞いてみると良いでしょう。

 

当日にきちんと確認しておくべきこととは?

実際にブライダルフェアに参加する際に、確認しておくべきポイントも色々とあるので注意しましょう。

まずは、式場外からの持ち込みがどこまでできるかということです。

たとえば「ドレスは持ち込みにしたい」とか「撮影は是非友人に頼みたい」とか、人により様々なこだわりがあることも多いものです。

ですが、式場によっては持ち込みできないこともあったり、持ち込み料金を取られたりすることもあります。

特に、持ち込み禁止になりやすいのはテーブルの飾花やケーキ、カメラマンなどです。

また、ヘアメイク等のスタッフも式場の専任スタッフに限られる場合が多いように思います。

持ち込み料金が発生するものとしては、ウェディングドレスがあげられます。

思い入れがあるものを着たいというような場合には「料金を支払っても持ち込む」というケースもあるでしょう。

また、引き出物も外部のものであると持ち込み料の対象になることがあるようです。

そのようなことはフェア参加の時点で確認しておくと後で慌てずに済むと思います。

会場に入れる人数の確認も重要なことです。

あらかじめ招待するべき人数を確認しておき、挙式会場と披露宴会場の収容人数を把握しておきましょう。

さらに招待客用の更衣室やキッズスペース、バリアフリー対応かどうかなどの設備に関しても、確認が必要になります。

招待客への配慮が十分かどうかでゲストの満足度が大きく変わります。

特に、障害のある方や妊婦さんなどへの配慮は大切だと思います。

せっかくフェアに参加するのですから、是非、希望人数に合わせた見積もりをしてもらいましょう。

その際には、なるべく多めにオプションを入れておくことをおすすめします。

最初に料金を低めに設定していますと、その後大きく値段が上がってしまうこともあり得ます。

できるだけ希望を取り入れたリアルな見積もりにしておくことが、失敗しないコツといえるかもしれません。

 

サイト内検索
神戸の結婚式場人気ランキング
サッスーン邸の画像
第2位 旧レイン邸
旧レイン邸の画像
第3位 旧クルペ邸
旧クルペ邸の画像
神戸・大阪エリアでおすすめの結婚式場