【神戸】おすすめの結婚式場を比較口コミランキングでご紹介!理想のウエディングをお探しの方に評判の会場!

結婚式の二次会は同じ結婚式場でやることが可能?

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/03/20

結婚式と二次会は、場所と時間を空けて別の会場でやらなければいけないと決めつけている人は少なくありません。

でももし、どちらも同じ結婚式場でできるとすればどうでしょう。

結論から言えば、結婚式の二次会は同じ結婚式場でやることももちろん可能です。

新郎新婦にとっても、参加するゲストにとっても、移動の手間や待ち時間がなくなるのは嬉しいメリットでしょう。

これから会場選びをしようとしているカップルに、おすすめのプランをご提案します。

 

新郎新婦もゲストも移動のストレスがゼロになります

結婚式当日は結婚式を行い、披露宴パーティーを行い、終わった後に二次会を行いと、新郎新婦にとってはかなりハードなスケジュールになります。

場合によっては、挙式と披露宴パーティーの会場も違う会場を用意したいケースもあるでしょう。

そのあともう一つ別の会場を設けるとなると、1日のうちに3つの会場を移動しなければなりません。

もちろん、それぞれどうしてもそこで開きたいという強いこだわりがあってのことですし、晴れの舞台がたくさんあるのは素敵なことです。

でもやはり疲労は隠せませんし、度重なる移動の負担は想像以上に大きいことは否めません。

特に新婦は衣装やヘアメイクのチェンジもありますから、本当に時間との戦いになってしまいます。

せっかくのドレスやオシャレを楽しめなくて心残りになったり、ゲストをお待たせしてしまったりするのは忍びないでしょう。

そこでおすすめしたいのが、結婚式場と二次会会場を同じ会場で行うプランです。

これならドレスアップもメイクも納得行くまで整えることができますし、時間にもゆとりが持てる優雅な結婚式を実現することができます。

何より同じ控室が使えるので、部屋を一日じゅう自分専用で利用できるのもかなり大きなポイントです。

ゲストも移動の手段や時間を考えなくて済みますし、新郎新婦だけでなく参加する人すべての負担が格段に減らせます。

特に天気があまり良くない時や、暑さ寒さを感じるシーズンなどは本当にベストなプランとなるでしょう。

同じ会場にするなら、間の時間も楽しめる工夫がおすすめです。

新郎新婦は食事を摂ったりメイクをしたり忙しい時間になりますが、ゲストにはウェイティングスペースの用意があると良いでしょう。

ソフトドリンクやスナックを置いて、自由に休めるスペースなどがあればとても良い心遣いになります。

雑誌などを用意しておくと、ゲストも式場の優雅な雰囲気を十分満喫できるでしょう。

また、本格的なアンティーク家具があったり、美しい庭園があったりする会場ならゲストも有意義に過ごせます。

 

同じ会場なら二次会の開催時間を早めることができます

一般的に、別の会場で結婚式の二次会を開催する場合、披露宴パーティーが終わってから2時間後がスタート時間の目安と言われています。

また、移動に時間がかかる場合はもっと長く、2時間30分以上空けなければ難しい場合もあります。

なかなかに長い時間ですし、披露宴パーティーから引き続き参加するゲストは、時間つぶしにちょっと困ってしまうイメージもあるでしょう。

でも通常は、少なくとも2時間はないと段取りができないのが実情です。

一概に言えませんが、披露宴パーティーが終わってお見送りを完了するまでに30分以上かかるのが一般的です。

その後新郎新婦は身支度を整えなければいけませんので、そこに1時間はかかります。

これだけですでに1時間30分以上時間を費やしているので、2時間あっても移動するのに30分を切るくらいのギリギリが現実です。

しかも披露宴パーティーの進行は長引いてしまうことが多く、満足の行く身支度時間が取れないことも少なくありません。

でも披露宴パーティーがお開きになった後、ゲストと一緒に花嫁衣装で写真が撮れるのはそこしかないため、どうしても時間がかかってきます。

会場のスタッフから説明を受けたり、控室の自分の荷物も片付けたりしないといけませんから、本当に時間がありません。

そのため披露宴パーティーの会場と二次会会場の場所はできる限り近いところを探すのがセオリーなのですが、引き払う以上移動時間を短縮しても効果は薄いでしょう。

ゲストのため二次会をなるべく早く始めたいと考えるカップルは多いのですが、頑張っても2時間の壁はなかなか越えられません。

でも会場が一つになった途端、難しいハードルはほぼすべてなくなります。

両方参加してくれるゲストが飽きてしまうのではと不安に感じるかもしれませんが、同じ会場でも雰囲気の違う空間を持っている式場もあります。

シックな雰囲気の空間でフォーマルに披露宴パーティーをした後、ガーデンルームで自然光に包まれながら明るい二次会を開催することも可能でしょう。

同じ会場で数種類の空間から自由にセレクトできたり、スタンディング形式でフランクなパーティーを開いたりできる式場もあります。

結婚式は何もかもはじめての連続で大変ですが、妥協せず納得の行く1日にしたいなら、手間を極力排除し時間を有意義に使うことに徹するのがおすすめです。

 

結婚式と二次会にピッタリな会場を選びましょう

それでは大事な1日のために、会場はしっかりポイントを押さえて選びましょう。

まずどんなことが一番重要かと言えば、やはりそこに広がる空間の雰囲気が大切です。

今はwebサイトに詳細な紹介写真が掲載されていますので、昔のようにパンフレットからイメージするよりずっと分かりやすい環境になっています。

本当に素敵な写真がたくさんあって目移りしてしまいますが、いくつかの会場に絞ったらまずは下見に行くようにしましょう。

webの情報を参考に、自分の理想に近いと思われる会場には実際に足を運んでみてください。

行った際には、実際のイメージはどうか、雰囲気が理想に合っているか肌で感じるのが一番です。

次にチェックしたいポイントが、会場の場所です。

あまりにもアクセスしづらい場所にあったり、駐車場がないような会場はちょっと不便かもしれません。

ご高齢な方をゲストに迎えるような場合には、バリアフリーなどにも注意を払ったほうが良いでしょう。

またブライダルフェアなどでは会場の最上級のプランが提供されるので、実際に自分の予算でできる範囲がどこまでなのかも確かめましょう。

美しい会場で素晴らしい料理をいただくと心が浮き足立ってしまいますが、見積もりを見て愕然としてしまわないように、冷静な目も持つようにしてください。

また、合わせて二次会のプランも提示してもらいましょう。

合わせることでリーズナブルなサービスを受けられる可能性もありますし、スタッフから想像以上に素敵なプランの提案も受けられるかもしれません。

下見に行く前にざっくり内容を決めておいて、聞き漏らしのないようしっかりメモと筆記用具を持って行くのも大事です。

会の幹事を友人がしてくれる場合には、一度一緒に会場を訪れてスタッフと打ち合わせをするのもおすすめです。

 

 

 

サイト内検索
神戸の結婚式場人気ランキング
サッスーン邸の画像
第2位 旧レイン邸
旧レイン邸の画像
第3位 旧クルペ邸
旧クルペ邸の画像
神戸・大阪エリアでおすすめの結婚式場